2010年10月18日月曜日

IONでオーバークロック


IONが安かった(1万円)のでZotac IONITX-B-Eを購入した訳だが、
Atom330ファンレスの Foxconn 45CTDから乗り換え。
ファンレス、SATA3個、オンボードのGbEが断然早いと気に入っている。
いかに低消費電力といっても、あまりにも性能が低すぎてゲームとか(雀龍門)しながら
Skypeやっただけでかなりきつい。
そこでWindows7を導入する準備もあるのでオーバークロックをしてみた。
Atom230のCPU速度は1.6Ghzである。メモリも標準だと533Mhzで動作する。

これを、
  • FSB 533Mhz -> 667Mhz
  • メモリ800Mhz固定に変更する。
  • するとAtomが2Ghzで普通に動作した。25%もクロックが変わっているので体感もかなり早い。
しかし安定動作しないと意味がないので、CPUの温度とか計測してみた。
  • ノーマルで70~75℃からORTHOSで負荷をかけたとき82℃あたりまであがる。
  • オーバークロック時は負荷をかけると85℃あたりまであがるが、負荷をかけていなければだいたい70~5度なのは変わらない。
十分常用に耐えると思うのでこのまま行くことにする。
(ファンレスなのでちょっと怖いけど、電源にファンがあって対流はあるためなんとかなっている)

0 件のコメント:

コメントを投稿